読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしくいられる場所 for カカシ・ジュン

ネット系の仕事で生計を立てている自営業です。 ひっそりと生きてるんですが、自分の考えや日記を書く場所が欲しいと考えてブログ始めました。

代ゼミの日本史講師・伊達日角先生が亡くなっていたらしい

 

ふと気になって昔お世話になった代ゼミ講師の様子を知りたくなり、代ゼミのHPで講師紹介を見ていたわけですが、日本史の伊達日角先生が見当たらないわけです。

 

代ゼミの伊達先生↓

f:id:kakashi_jun777:20160629042410j:plain

 

あれ?他の予備校に移籍しちゃったのか?と思って、ググってみると2ちゃんのスレがHITしたので見てみたところ、こんな書き込みを見つけました。

 

 

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 09:34:17.83 id:l9yeHpan0
日本史伊達、今年度は病気療養のため今後は休校だと

 

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/01/06(水) 21:27:39.17 id:mMzMw6A10  

12月16日に伊達先生亡くなったって。

 

はぁ?!

 

と思ってよく読んでみると、肺がんで亡くなったようです。伊達さん、ヘビースモーカーでしたからね・・・。

 

 

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/01/30(土) 10:03:55.45 id:dFtkYA6s0

582です。

亡くなった日付まで知ってたのは自分の親が伊達先生の奥さんと友達で連絡が来たから。

自分は代ゼミの内部のこととか知らないけど去年の後半から具合はずっと悪かったみたいだよ。

 

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/18(木) 22:37:44.12 id:kKxSVSAz0世界史のI先生と食事をする機会があり、伊達先生が昨年末に肺癌で亡くなられたことを知りました。

『疲れがなかなか抜けない』『体がだるい』って言ってたので心配していて、検査を受けたらすでに末期癌だったらしい。

伊達先生とは津田沼で数年間同じ出講日だったので顔を会わせて話をしていたので非常に悲しいと言ってました。

『世界史と日本史と専攻は違うけど、彼も同じく歴史学を学ぶ者として・・』と熱く語っておられたのが印象的でした。

 

僕が受験生だった頃はまだ30代だったと思うので、おそらく享年50歳前後ではないかと思います。若すぎますね・・・。

 

伊達さんが亡くなったのを知ってから、授業を受けていた当時のことをアレコレ思い出していたんですが、伊達さんの授業は本当に分かりやすかった。

 

国公立志望者、私大志望者、センター試験向け、など全ての日本史受験の生徒が付いていけるように、分かりやすくかみ砕いた説明をしてくれていました。

 

先生自作のテキストがね、これまた要点がまとまってて暗記するのに便利だった。

 

f:id:kakashi_jun777:20160629042035j:plain

 

早稲田に行った先輩に「日本史は伊達さんの言う事をしっかり理解して暗記しまくれば大丈夫だから」と言われたので、必死に授業についていきましたね。

 

思い出すのは要所要所で出る「ね!ね!」という口癖と、立ちっぱなしだと疲れるからと屈伸運動している姿、紫色とかの派手なワイシャツ、薄くなりかけた頭、黒板に描く絵がやけに上手いこと、などですかね。

 

授業の内容はMDに録音して何回も繰り返し飽きるほど聞いていたので、雑談含めてよく覚えています。

 

東京に下宿して貧乏しながら代ゼミで浪人して貯金箱のお金で買ったコーヒー牛乳が本当に美味しかったとか、

学者になりたかったけど狭き門すぎてなれなかったとか、

奥さんとの初デートの話、

広島の実家へ帰るときは高速を150キロくらいでかっ飛ばしていく、

 

とか、プライベートの雑談も印象に残っています。

 

最後に見かけたのは、2004年かな。

 

大学入学後、代ゼミのチューターのバイトをしていたときに授業に向かう伊達先生を廊下で見たのが最後です。

 

ちゃんと受験が終わってから「早稲田受かりました」って挨拶に行けば良かったな。質問もしたことないし、最前列に近い席に座ってたけど、面と向かって話したことなかったから挨拶は良いやと思って合格報告行かなかったんだよね。

 

ホント、受験が終わってからも時々思い出す先生でした。たぶん、代ゼミで習った先生の中で一番好きだったかな。

 

まだ受験当時のテキストは捨てずに残してあります。

 

f:id:kakashi_jun777:20160629042100j:plain

 

MDも部分的に残してあるかも。あったらまた先生の声を聴いてみたいな。

 

闘病お疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします。